[本文へジャンプ。]

HOME  の中の( > 実施事業  の中の( > 事業計画

平成29年度一般財団法人岐阜県身体障害者福祉協会事業計画

基本方針

当会は、昭和25年「身体障害者福祉法」の施行と時を同じくして発足し、本年68年目を迎えた。この間、戦後の復興が急速に進む中で、当会役員のみならず、会員の皆様の献身的な活動により、医療・福祉制度の充実・環境整備など身体障がい者の福祉向上が大きく前進したことは言うまでもない。
しかしながら、昨今の社会・経済情勢の変革により、障がい者差別や障がい者の自立(就労)など、障がい者を取り巻く古くて新しい課題も顕在化してきている。
一方、当会でも会員の高齢化や減少が急激に進み、組織の弱体化を招き、当会の活動の低調・マンネリ化が進み、「岐阜県障がいの有無にかかわらず誰もが生きがいを持って社会活動が出来る明るく活力のある福祉社会の実現に寄与する」という当会の目的達成を危惧する状況となっている。
昨年4月「障害者差別解消法」・「岐阜県障害のある人もない人も共に生きる清流の国づくり条例」が施行された。また、岐阜県では障がい者のための医療、福祉、教育、文化・芸術、スポーツ及び就労施設を一体的に整備されており、このエリアを「ぎふ清流福祉エリア」と称している。
当会は、こうした現状を踏まえた上で、平成29年度事業を適確に進めながら、改めて当会が果たしていく役割を確認するとともに、障がい者のニーズの把握に努めて本会事業のあり方を検証していく。

実施事業

第1 組織強化及び福祉改善事業
1  会務の運営
(1)理事会等の開催
本会会務遂行のため、定款に基づき次の会議を開催する。
1)  理事会
2)  評議員会
(2)正副会長会の開催及び役員会議等の開催
1)  正副会長会
本会会務の遂行のため、正副会長で構成する正副会長会議を随時開催する。
2)  ブロック長・役員会議
  ア  ブロック長会議
各地域における活動の活性化、連絡調整及び情報収集を行う。
  イ  役員会議の開催(各支部長・監事)
がい者を取り巻く諸問題について協議するとともに、各支部の諸活動に関する情報交換を行う。
(3)常設委員会
1)  福祉対策委員会
障がい者の福祉向上をめざし、組織と活動の充実・強化のための総合的及び専門的な研究討議を行う。
2)  表彰委員会
当協会が扱う表彰等について協議する。
3)  広報委員会
機関誌「希望」の編集、インターネットホームページの活用、広報・啓発チラシの編集のほか、当協会の活動や障がい者施策等に関する動向、制度の研究・解説等の情報提供を行う。
(4)特別委員会の設置
本会会務の遂行のため諮問機関として必要に応じ特別委員会等を設け開催する。
(5)要望・陳情活動
身体障がい者福祉の向上を図るため、関係方面に対して岐阜県障害者社会参加推進センターを通じて、要望活動を行う。
要望先
国  関係省庁、地元選出国会議員
県  健康福祉部等
(6)地域活動の強化(自主事業)
未入会身体障がい者の入会勧誘及び賛助会費の勧誘・確保に努めると共に、本会の活動基盤であるブロック、支部及び分会組織の強化のため次の事業を実施する。
1)  事務局通信による福祉情報の提供
2)  地域活動の支援
ア  支部総会開催の徹底と開催費助成
イ  ブロック会議の開催費助成
ウ  支部総会時における職員出前サービスの実施
エ  各地区別福祉制度研修会の実施
(7)広報・啓発活動(自主事業)
本会会員に情報提供を行うため、機関誌の発行及びホームページの管理運営を行う。
1)  「希望」の発行(年3回)
2)  「身体障害者福祉援護のしおり」の発行(年1回)
3)  ホームページの定期及び臨機の更新
(8)福祉援護活動(自主・収益事業)
1)  駐車禁止除外指定車標章の交付進達事務
2)  安全運転の啓発
交通安全講習会の開催  多治見市:9月24日(日)
3)  ジパング倶楽部の入会事務
4)  福祉機器貸出事業(車いす・トーキングエイド・改造自動車等)
5)  リフト付き福祉バス(清流クローバー号)活用事業
2  大会等の開催及び参加(自主事業)
(1)第67回岐阜県身体障害者福祉大会の開催
県下の会員が参加する標記大会を開催し、本会の活動方針等を採択するとともに、優秀支部・役員・援護功労者・自立更生者の表彰を行う。
  • 期日
  • 平成29年12月3日(日)
  • 会場
  • 関市文化会館(関市)
(2)第62回日本身体障害者福祉大会ぎふ清流大会の開催
全国の障がい者約2,500名を迎え、本会会員及び関係機関・地域住民の協力を得て、標記大会を開催する

1 日本身体障害者団体連合会評議員会、政策協議、歓迎レセプション

  • 期日
  • 平成29年5月30日(火)
  • 会場
  •  岐阜都ホテル(岐阜市)

2 第62回日本身体障害者福祉大会ぎふ清流大会

  • 期日
  • 平成29年5月31日(水)
  • 会場
  •  岐阜メモリアルセンター(岐阜市)
(3)日本身体障害者団体連合会中部ブロック代表者会議への参加
中部6県1市の身体障害者団体の役員が集まり、中部ブロックとして取り組むべき課題について協議するとともに、国に対する障がい者施策についての要望活動を行う。
  • 期日
  • 平成29年9月頃
  • 場所
  • 岐阜市内
(4)日身連中部ブロック会
中部ブロック身体障害者相談員研修会の開催内容等について協議するとともに、中部ブロック各団体間の意見交換を行う。
(5)中央会議への参加
日本身体障害者団体連合会が行う理事会、評議員会、各県代表者会議、各種研修会及び事務担当者会議などに本会から代表者を派遣する。
・岡本会長 日身連理事
第2 社会参加促進事業
1  ぎふ清流文化プラザ等芸術振興事業(県補助事業)

障がい者の文化芸術活動の拠点であるぎふ清流文化プラザを中核として、障がい者芸術作品の展示、舞台芸術の発表会・交流会の開催などにより情報発信を行う。
 また、県下5圏域での芸術教室の開催など、障がい者が芸術に触れ、体験する機会をつくる。

主な事業は次のとおりである。
(1)障がい者の芸術作品等の展示
(2)舞台芸術、音楽(パフォーミングアーツ)イベントの開催
  • 「ふれあいハートフルステージ」 12月24日(日)
(3)芸術教室の開催
(4)インターネット上での障がい者と支援者の交流
(5)障がい者アートバンク事業
2  障害者社会参加推進センター事業(県委託事業)

障がい者に対する各種事業のより効率的な実施を図るため、職員を配置して事業の円滑な運営を図る。

また、岐阜県手をつなぐ育成会に設置の「障害者110番」(県委託事業)に協力するとともに助言・指導等を行う。

主な事業は次のとおりである。
(1)社会参加推進協議会の開催
(2)各障がい別課題の専門性に対応するために部会の開催
(3)岐阜圏域障害者自立支援推進会議に参加
(4)各種情報の収集・提供・助言・指導等
(5)県との意見交換会
(6)中央センターとの連絡調整
3  結婚相談事業(県委託事業)

未婚身体障がい者の結婚問題に関する助言、指導のため本会事務局内に身体障がい者結婚相談所を開設し、相談員を配置して相談に応じる。

また、青壮年部事業でも未婚身体障がい者に出会いの場を提供する。

4  障がい者ふれあい福祉フェアの開催(県委託事業)
障がい者の作品及び福祉用品等の展示並びに製作品の即売を行う。
  • 期日
  • 平成29年9月8日(金)~10日(日)
  • 会場
  • マーサ21(岐阜市)
5  障がい者のふれあいパソコン通信ネットワーク事業(県補助事業)

外出が困難な重度身体障がい者及び言語・聴覚等の障がいのため意志伝達が不自由な者を対象に、コミュニケーションの場を広げ社会参加を推進するとともに、身体障がい者のための情報提供を行う。

6  岐阜県身体障害者囲碁将棋大会の開催(自主事業)
本会会員の親睦と社会参加意欲を促す文化活動として実施する。
  • 期日
  • 平成29年7月2日(日)
  • 会場
  • ふれあい福寿会館(岐阜市)
7  地区別体育大会

社団法人岐阜県障害者スポーツ協会からの委託を受け、県下5ブロックにおいて市町村と連携して実施する。

開催 開催期 担当福祉 開催場所(予定)
岐阜A・B地区 10月22日(日) 本巣市 しんせい運動広場
西濃地区 10月 7日(土) 海津市 浅中公園陸上競技場
中濃地区 11月 5日(日) 郡上市 郡上市合併記念公園
東濃地区 11月 5日(日) 瑞穂市 瑞穂市陸上競技場
飛騨地区  未定 飛騨市 未定
8  福祉メディアステーション事業(県補助事業)

障がい者が自らIT(情報技術)を活用し、自己実現や社会参加を図ることを支援するとともに、重度障がい者に対する住宅サポート事業を実施する。

(1)事業検討活動
  • 1) 会議の開催
    •   ア  運営協議会の開催
    •   イ  運営会議の開催
  • 2) 視察・交流
    • 交流や視察による新しい機器やシステムの情報収集を実施し、福祉メディアステーションの今後の活動に資するとともに、関係機関との連携の強化を図る。
(2)事業活動
1)  福祉メディアプラザ事業
障がい者に対し、情報の活用やアクセシビリティ(障がい者などハンディを持つ人が使いやすい)機器利用のための支援や啓発を行うとともに、在宅障がい者への派遣事業を実施する。
  ア  広報・啓発
  イ  相談・指導
(ア)障がい者に対するパソコン指導や講習会の実施
  ウ  在宅障がい者支援
(ア)ITホームティーチャー派遣事業の実施
(イ)パソコンボランティア育成・派遣事業の実施
2)  福祉メディア実習室事業(パソコン研修)
障がい者の情報リテラシー(膨大な情報の中から必要な情報を抜き出し、活用する能力)の向上と人材育成のための研修を実施する。
  ア  初心者向け研修
  イ  人材育成研修
3)  バーチャルメディア工房事業(就労支援事業)
就労を目指す障がい者を募集し、指導員を配置し、就労に必要な技術研修や就労実務指導を行うことによって、就労の可能性の拡大を図るとともに、そのための相談や啓発活動を行う。
なお、引き続き「特定非営利活動法人バーチャルメディア工房ぎふ」(大垣市)に委託して実施する。
4)  飛騨ブランチ運営事業
飛騨地区の障がい者のIT(情報技術)活用を支援する事業を実施するほか、ITホームティーチャー派遣事業など本部で行う事業のサテライト業務を行う。
なお、引き続き「スクラム企画」(高山市)に委託して実施する。
第3 青壮年部事業(自主事業)

身体障がい者福祉の次代を担う青壮年層の育成と活性化のため、次の事業を行う。

1  第49回岐阜県身体障害者青壮年部大会の開催
  • 開催期日
  • 平成29年6月25日(日)
  • 中津川市福岡ふれあい文化センター(中津川市)
2  委員会の開催
3  研修会
(1) リーダー研修会
(2) 地区別懇談会
4  青壮年交流事業
(1) レクリエーション事業
5  各種青年団体への参加
岐阜県青年のつどい協議会の行う各種行事に積極的に参加し、他の青年団体と交流を深める。
第4 岐阜県身体障害者婦人の会事業(自主事業)

会員相互の修養と親睦を図り、福祉の向上と県及び地区身体障害者福祉協会の発展に協力するため、新規会員の拡充とともに、次の事業を行う。

1  大会等の開催
(1)県身体障害者福祉協会と共催にて第67回岐阜県身体障害者福祉大会を開催する。
(2)表彰委員会を開催し福祉大会における会長表彰被表彰者の選考を行う。
2  委員会の開催
3  各支部における総会の開催
4  研修会の開催
・ブロック別合同研修会
・役員研修会
5  県及び市郡身体障害者福祉協会の事業への協力
第5 岐阜県身体障害者相談員連絡協議会事業(県補助事業)

県下各地で活動する身体障害者相談員を統括する団体として、市町村及び福祉事務所等関係機関と緊密な連携をとりながら、身体障がい者自らによる相談活動の中心的役割を果たしていく。

1  委員会の開催
2  第57回岐阜県身体障害者相談員研究大会の開催
  • 平成29年8月3日(木)
  • 池田町公民館(池田町)
3  相談活動日誌の作成・配布
4  中部ブロック身体障害者相談員研修会への参加
中部6県1市の身体障害者相談員の資質向上のため開催する相談員研修会へ相談員連絡協議会から地域の代表相談員を参加させる。
  • 平成29年10月(予定)
  • 開 催 地
  • 石川県
5  身体・知的障害者相談員に対する研修会の開催

県障害者社会参加推進センターと共催で、知的障害者相談員の参加も得て、障がい者を取り巻く喫緊の課題等について学ぶブロック研修会を開催する。

  • 平成30年2月〜3月
  • 県下5圏域
第6 収益事業

障がい者福祉の啓発及び本会の安定的な運営に資するため、次の事業を実施し、財源確保に努める。

1  売店事業
  • (1)ふれあい福寿会館内売店
  • (2)福祉・農業会館内売店
  • (3)ソフトピアジャパン内売店
2  自動販売機設置事業(飲料水・パン・お菓子)
  • (1)ふれあい福寿会館
  • (2)福祉・農業会館内
  • (3)ソフトピアジャパン
  • (4)岐阜県立看護大学、岐阜高等学校、岐阜北高校等
  • (5)岐阜メモリアルセンター

計 89台(38台は売店売上に計上)